アスベスト除去

特定化学物質等作業主任者 20名が在籍しています。

アスベストとは

石綿(アスベスト)は、天然にできた非常に細かい鉱物繊維です。
熱に強く、摩擦に強く切れにくい、酸やアルカリにも強いなど、丈夫で変化しにくいという特性を持っています。
昭和30年頃から使われ始め昭和40年代の高度成長期に、鉄骨造建築物などの耐火被覆材として大変多く使用されています。
また多くの建築材料や自動車部品等に使用されました。

アスベスト施工前

アスベストの危険性

石綿(アスベスト)は非常に細かい繊維でできている為、石綿の粉じんを含んだ大気を吸い込むと、
肺の中を石綿の繊維で傷つける場合があり、長期間経過後、じん肺や肺がん、中皮腫といった病気になることがあります。
石綿を吸い込んだ量と発病との間には相関関係が認められていますが、
短期間の低濃度ばく露における発ガンの危険性については不明な点が多いとされています。
現時点では、どれぐらいの石綿を吸い込めば発病するか明らかではありません。

2重の袋詰め
当社では10年前から<封じ込め>工事を中心として、アスベスト工事をしております。
今では エアシャワー 7機  負圧集じん機 20機 を保有し、石綿作業主任者 15名が在籍しています。
(石綿作業主任者は石綿則19条により作業場での選任が義務付けられています)
大手ゼネコンから役所仕事まで請負施工しております。
小規模から大規模工事まで 除去 封じ込め 囲い込み 調査等アスベストのことなら何でもご相談ください。

▲ページトップへ